キャラクターケーキ  写真ケーキの得意な店 ケーキのアトリエ コンチェルト

  • 静岡県浜松市中区高丘東4丁目26-17
  • OPEN:AM 9:30
  • CLOSED:PM 8:00
  • 定休日:毎週火曜日
  • TEL:053-430-0211 FAX:053-437-1015

夢工房 コラボデコ


コラボデコ

Collabo and Collabo Decoration Cake

似顔絵と人気のキャラクターが彩ります・・・!!
世界にたった一つだけのオリジナルデコレーションで思い出に残る記念日をお過ごしになりませんか?

実店舗(コンチェルト)で長年培った技術をお届け致します。

写真は実店舗仕様です。通販ショップでは仕様が異なりますご了承ください。
(苺など、冷凍に不向きな果物は使用致しておりません。ご了承くださいませ。)

 

simaiten1

コラボデコについて

数年前、あるお得意様より「似顔絵と本人の大好きなキャラクターを一緒に描いてもらえないだろうか?」と言うヒントを頂き、昨年度より本格的にスタートいたしました。
このサービスは似顔絵ケーキ+キャラクター(お絵描き)のセットでの提供です。キャラクター同士のコラボレーションはキャラデコで承ります。
フォト(写真)ケーキでのお写真の組み合わせについてもフォト(写真)デコにて承っております。
ご注文から御渡しできるまで、1週間ほどかかります。原稿となる写真は、お持込いただいても、ご注文フォームE:メールでも構いません。ただし、メールでのご注文はご住所・お名前・電話番号は必ず書いて下さい。改めてこちらから確認の電話を差し上げます。
似顔絵の製作では、元となる写真が全てとなります。1枚の写真から全ての情報を読み取ってお描きしますので、なるべく鮮明で、一番のお気に入りの表情の写真をお持ちください。
コラボデコでは、プロ『似顔絵屋』の描いた原稿似顔絵を1枚(写真L版)フォトスタンドと共に御付け致します。親しい方・ご家族の楽しい記念品としてお役立て下さい。(キャラクター部の似顔絵は除外されます。ご了承ください。)
尚、出来上がった似顔絵について、クレームは一切お伺いできません。以上の事ご了承の上お申し込みください。
ペット(犬・猫・鳥 etc)は1人称としてカウントされますご了承ください。(対象の人物とペットと言った場合は、似顔絵2体扱いとなります。)
生クリームは『標準の白い生クリーム』『チョコレートの生クリーム』『イチゴ味の生クリーム』の3種ご用意致しました。ご注文時にお選び下さい。
corabo10 corabo9 corabo8 corabo7
最近の作品は『ケーキ屋コンチェルト』にて発信しています。

ご注文について

コラボデコにつきましては、1週間前のご予約でお受けいたします。 店頭にてご予約承りますが、ご注文フォームにてご注文する事も出来ます。ご希望のキャラクターを添えてご注文下さい。(お客様のお名前・電話番号をお書き下さい。)
携帯電話をご使用で原稿がある場合、下記のQRコードを利用すると便利です。 QR
遠方にお住まいで当日取りに来る事が出来ない方や、遠方の親しい方へのサプライズには、姉妹店『デコレーションケーキ.COM』にて承ります。
tihouhassou211 TEL 053-430-0211
corabo6 corabo5 corabo4 corabo3
最近の作品は『ケーキ屋コンチェルト』にて発信しています。

価 格 (外税表記) 

サイズ 人前 キャラ1+似1 キャラ2+似1 キャラ1+似2
6号(18cm) 6~8人用 ¥7200    
7号(21cm) 10~12人用 ¥8300 ¥8700 ¥9900
ご注意
御持ち込の原稿によっては、絵を全て書き込むことが出来ない場合も御座います。ご了承ください。
8号サイズ以上のケーキについては現在、取り扱い致しておりません。ご了承ください。
芸能人のコラボレーションは、似顔絵ケーキ(2体以上)で承ります。(有名人割増が適用されます。)
TEL 053-430-0211
corabo2 corabo1 corabo27 corabo26
最近の作品は『ケーキ屋コンチェルト』にて発信しています。

コラム スタニスラス・レクチンスキー

rekutinnsuki スタニスラス・レクチンスキーはポーランドの王様としてよりも、美食王としての方が世界的に知られているようです。最も信頼のある美食事典、フランスの 「ラルース・ガストロノミーク」をはじめとして、フランスやドイツの数多くの著名な料理書には、ひんぱんにその名が登場します。ついに「ラルース」では、王の名にはあの美食王スタニスラスによると、といった具合に扱われるに至っています。
スタニスラス王の発明したお菓子の最大の話題はパパでしょう。ラムがたっぷり入ったシロップにゆったりと浸したイースト菓子で、フランスの伝統の銘菓パパは、スタニスラス・レクチンスキーがポーランド王の頃、王自身が考案したお菓子です。 王は古くからあるクグロフというイースト菓子を好んで、毎晩デザートにしました。ある晩、このクグロフにラム酒をふりかけて、フランベ(火をつける)してみたのです。熱くほろにがいお酒の香りとほどよい甘み……、青い炎に包まれた焼き菓子の幻想的な美しきにうっとりと息をのんだのでした。王は千夜一夜物語の熱心な読者でしたから、このありさまを眺めてアリパパの話を思い起こしたのでした。きっそく、このフランベのクグロフにアリパパと名を付けました。そののち、その形をコルクの栓型にし、いかにも物語を思わせるお菓子が誕生したのです。
今日でもパリのお菓子屋さんではパパが人気がありますが、これは一九世紀初頭ストレールという菓子職人がパリに紹介したものです。彼はポーランドの宮廷が移されていたリュネヴィルという所でその製法を知り、同じ名のケーキをパリに構えた彼の店の名物にしたからです。いつのまにか呼び名は短くパパとなり、たいそう流行しました。この時、前もって焼いておくので、売る時にシロップを浸したのが今日のスタイルとなりました。
ジュリアンという菓子職人がやがて同じ物を形を変えて作り、ブリヤサヴァランの名を付けました。これがサヴァランとなり、知らぬ人とてない、あのお酒のきいたお菓子になりました。
さて、このスタニスラスの国王としての実績はどのようであったのでしょう。
一七〇四年、スエーデン王カール一二世の援助で、アウグスト二世にかわってポーランドで王位につきました。ところが、カールがロシア軍とのポルタバの戦いで敗北すると、スタニスラス王はフランスに亡命、アウグストがまたポーランド壬に復しました。一七三三年、このアウグストの死後、フランス王ルイ一五世の支持を受けて、オーストリアやロシアの王位請求者に対抗して、ポーランド王位への復帰をはかりました。これがポーランド継承戦争に発展してしまいます。そしてこれに負け、ついに一七三六年王位を放棄せざるを得なくなり、ロートリンゲン公となりました。王としてはまことにはかなく、常に応援者にすがって生きつづけたようです。けれど、おいしいお菓子や料理の発明となると、波乱万丈の国政などおかまいなく、それに熱中したのでした。
王の座をあきらめたのちの、ロートリンゲンの館での日々の思いはいかばかりだったでしょう。しかし、新しいお菓子に対する情熱には変わりはなく、この館で考案された「ロートリンゲンのぶどうのトルテ」は珍味。また、あの有名なフランスのお菓子マドレーヌにも熱中したということが、ドイツの料理書に記されています。
スタニスラスはマドレーヌを大そう気に入り、王女でフランスのルイ一五世妃になっているマリー・レクチンスカに食べさせようと、ヴェルサイユに届けたとか。ちなみに、マリー・アントワネットの好きなメレンゲも、最初はスタニスラスがヴェルサイユ宮に伝えたものでした。
このルイ一五世妃に関しては、今も折りパイの最高傑作といわれるブッシエ(一口のパイ)が、やはりスタニスラス・レクチンスキーの考案とされています。これをマリー・レクチンスカ王妃がいたく気に入り、「ブッシェ・ア・ラ・レーヌ」(女王様のブッシェ) と名付けたというのです。
こうして、すぐれた銘菓の生い立ちをたどってゆくと、必ずといっていいくらいスタニスラス王の名が浮かびあがります。そして、スタニスラスの住んだ町、王宮のあった所には数々の銘菓が生き生きと残され親しまれているのですから、れっきとした美食王といえましょう。
corabo25 corabo24 corabo23 corabo20
最近の作品は『ケーキ屋コンチェルト』にて発信しています。