キャラクターケーキ  写真ケーキの得意な店 ケーキのアトリエ コンチェルト

  • 静岡県浜松市中区高丘東4丁目26-17
  • OPEN:AM 9:30
  • CLOSED:PM 8:00
  • 定休日:毎週火曜日
  • TEL:053-430-0211 FAX:053-437-1015

苺へのこだわり


苺へのこだわり

itigo2
ロックウール農法 苺
されど苺 Strawberry
苺は、ケーキ屋さんにとって宝のフルーツ・・・ケーキを作る上で、苺がなければ始まりません。かれこれ6年ほど前に、「南信州で苺を作ることが出来る!」こんな話を聞き、それからと言うものは夏には毎週のように南信州に出向き「おいしい苺」を求めて歩き回りました。
根羽村・売木村・平谷村などなど、苺があるといえばとにかく出向き、確かめてまいりました。農業についてはど素人の私が、とにかく苺について出来る限りの情報をかき集め、調べたところ、机上の上では作ることが出来るようです。しかし残念ながら今だ『この苺・・・』と言うものに出会っておりません。
1昨年より、遠州では栽培技術に定評がある、三方原の河合農園さんがチャレンジ致しておりますが。苺のシーズンに出回るあの、おいしい苺を作るには、もう少し時間が架かるようです。

hausu2
ハウスにて 奥様
三倉農園との出会い
まさに夏採り苺を追っかけている真っ最中、浜松医大に勤務している高校の同級生に「鈴木君、ケーキ屋さんしているなら、何故三倉君と付き合わないの?」こんな言葉を投げかけてきました。
彼女は浜松在住の同級生では一番の情報通・・・。それでも始めは彼女が何を言っているのか分かりませんでした。再三の彼女からの言葉に、意味もよく理解していないまま、三倉君にTEL。
なにしろ、高校卒業以来数十年ぶりなので、懐かしく昔話に花が咲き、「とにかく一度会おう」と言うことで菊川に出向きました。そもそも、農家の長男であったものの、農業というよりむしろ、当時としては新しい学問であるシステム工学を学び、理工系の道に進もうと思っていた矢先に、父上が倒れ、まったく考えていなかった農業の道に入ることになったとの事・・・。初めの5年間は自分が何をしているのかさえよく解らなかった状態。そんな折に、大学時代に学んだシステム工学を農業に取り入れることを契機に苺の道へ・・・。

hausu1
氏の開発した高床式農法
三倉農園(三倉直己氏)プロフィール
1、昭和49年、武蔵工大工学部卒業、主にシステム工学、生産工
学を専攻
同大卒業後、家業の農業に従事し現在にいたる。
早くから、苺の品質の向上にその情熱をそそぎ、
静大・農学部、県農業試験場等と深く関わり
現代の苺栽培の最先端技術である、溶液栽培、ロックウール
栽培の考案者でもある。
農業従事者である誇りに、最先端のシステム工学を取り入れ、
その隅々まで、探求し尽くした、氏の作り出す苺は
まさに芸術品の領域である。