キャラクターケーキ  写真ケーキの得意な店 ケーキのアトリエ コンチェルト

  • 静岡県浜松市中区高丘東4丁目26-17
  • OPEN:AM 9:30
  • CLOSED:PM 8:00
  • 定休日:毎週火曜日
  • TEL:053-430-0211 FAX:053-437-1015

夢工房 お絵描きデコ


お絵かきデコケーキ

Oekaki Decoration Cake

パティシエと、お客様(子供たち)とのコラボレーションが実現・・・!
世界にたった一つだけのオリジナルデコレーションで思い出に残る記念日をお過ごしになりませんか?

実店舗(コンチェルト)で長年培った技術をお届け致します。

写真は実店舗仕様です。通販ショップでは仕様が異なりますご了承ください。
(苺など、冷凍に不向きな果物は使用致しておりません。ご了承くださいませ。)

 

simaiten1

お絵描きデコについて

お絵描きデコ 子供たちの描いた絵がデコレーションケーキの上に再現された完全個別対応のオフィシャルデコレーションです。お子様の誕生日に、大切な夢を叶えてあげて下さい。
原稿となる絵は、A4サイズ以内でうけたまわる事が出来ます。万が一それ以上のサイズの原稿でしたら、恐縮ですがコンビニ等で縮小コピーしてA4以内にそろえて下さい。
キャラデコケーキで出来なかった、外国製キャラクターの原稿はお絵描きデコでうけたまわります。お父様・お母様による直筆による作品のみ承っております。ご希望日の2日前までに原稿(作品)を添えてお申込み下さい。
お子様の描いた絵などは驚くほどの再現性でご提供出来ますが、絵の表現方法、色の付いていない原稿等の作品につきましては期待に沿えた作品に仕上がらない事もあります。ご承知下さい。
御持ち込の作品によっては、フォト(写真)デコをお勧め致す場合が御座います。ご理解くださいませ。
直筆で描いた原稿をカメラで撮った作品は殆どの場合、ご利用出来ません。またFAXで届いた原稿も、ほとんどの場合作品の劣化が激しく使用する事は出来ません。ご承知下さい。
kuri-mu31
oekai1 oekai2 oekai3 oekai4
最近の作品は『ケーキ屋コンチェルト』にて発信しています。

ご注文について

お絵描きデコにつきましては、2日前のご予約でお受けいたします。
FAXで送られてきた原稿、カメラで撮った原稿はそのほとんどの場合劣化が激しく使う事が出来ませんので、原稿としては受け付ける事は出来ません。
店頭にてご予約承りますが、ご注文フォームにてご注文する事も出来ます。ご希望のキャラクターを添えてご注文下さい。(お客様のお名前・電話番号をお書き下さい。)
携帯電話をご使用で原稿がある場合、下記のQRコードを利用すると便利です。 QR

遠方にお住まいで当日取りに来る事が出来ない方や、遠方の親しい方へのサプライズには、姉妹店『デコレーションケーキ.COM』にて承ります。
tihouhassou211 TEL 053-430-0211
oekai5 oekai6 oekai7 oekai8 oekai9
最近の作品は『ケーキ屋コンチェルト』にて発信しています。

価 格 (外税表記)

サイズ 人前 絵1体
5号(15cm) 3~5人用 ¥3600
6号(18cm) 6~8人用 ¥4600
7号(21cm) 10~12人用 ¥5800
8号(24cm) 12~15人用 ¥8830
9号(27cm) 15~18人用 ¥11180
10号(30cm) 18~人用 ¥14000
ご注意
8号サイズ以上のケーキについては特注扱いになります。ご用意出来るまでに3~4日掛かりますので、ご入用の方は事前にご連絡下さい。
TEL 053-430-0211
oekai10 oekai11 oekai12
最近の作品は『ケーキ屋コンチェルト』にて発信しています。

コラム ビスマルク(18世紀)とお菓子達

bisumaruku1 十九世紀のドイツの政治家ビスマルクは美食家の貴族です。代表的なドイツ料理に「ビスマルク風にしんの酢漬」 があり、生クリームを使ったまろやかな味で人気があります。
ドイツではお菓子というと、あの幾層にも焼き色を重ねたバウムクーヘンを思い起こします。バウムクーヘンもビスマルク首相が好んだことが原因で、ドイツのお菓子として定まってしまったともいえます。ビスマルクがバウムクーヘンを愛した事実は、ドイツの製菓事典「バッケン」にも記録されています。
ビスマルクが愛着をもったこのバウムクーヘンはバウムクーヘン・シュビッツ(三角形のバウムクーヘン)といわれるもので、小型に切られた、チョコレートのかかった家庭的な姿のバウムクーヘンです。
バウムクーヘン・シュビッツは宮廷御用業者のイェーディッケが最後の仕上げをしたといわれます。これをビスマルクが大そうひいきにしました。これはふつうのトルテの焼き型に薄く種を流してはこげ色をつけて焼き、これを繰り返していき、層を作る方法で簡単に手作りできます。現在も西独のヴォルフェンビュッテルの国立製菓学校のカリキュラムでは、大型の回転焼きの方法とともに、この小型の作り方も指導されています。
政治家としてのビスマルクは、こうしたお菓子のイメージからはほど遠く鉄血宰相の異名をもっていました。
彼は一八六二年、プロイセン王ウィルヘルム一世の要請により首相になりました。オーストリアとの協調や、自由主義を標梯する議会多数派の反対を押し切り、プロイセンを中心とする独自の政策をかかげて、ドイツの国民的統一事業に着手するといった強気の政治を行いました。「ドイツの問題は言論や多数決によってではなく、鉄と血によってのみ解決される」といった演説は有名です。
普墺戦争に勝ち、オーストリア勢力を駆逐して北ドイツ連邦を形成し、七〇年には普仏戦争で勝利を得、パリをもおとしいれ、七一年にはウィルヘルム一世はドイツ帝国皇帝を宣言し、ついにビスマルクの宿願どおり、ドイツ統一が達成されました。
初代宰相に就任した彼は、今度はヨーロッパ諸国間の勢力均衡にもとづく平和主義に転じます。外交手腕を発揮してオーストリア、ロシア、イタリアなどとの同盟政策を推進し、内政面でも保護貿易により工業生産を増大させたりしました。けれども、カトリック教徒と社会主義者を中心とする反ビスマルクの勢力が強まっていて、時すでに遅く、しだいに支持者を失っていきます。新皇帝ウィルヘルム二世とも確執の間柄になってしまい、ついに九十年に宰相を辞任、失意の晩年を送ったのでした。その「回想録」は、史料としても文学書としても高い評価を得ています。
こうして激しい政治家生活を送った彼でしたが、美食への関心は深かったようです。パン種を棒につけて下から火であぶりながら、回転焼きをする素朴なお菓子のバウムクーヘンは棒ケーキとか串ケーキと呼ばれ、古代ギリシア時代からありました。ドイツではベルリンやマグデベルクやザルツヴェーデンのお菓子屋さんで、約二〇〇年前にはじめて作られました。現在ではドイツでは見かけることが少なく、日本で一番多く作られているときえいわれます。けれど、ビスマルクの名とともにバウムクーヘンはドイツのお菓子として世界中に知られています。誰に愛されるかで、お菓子の運命もきまるようです。
zouraion oekai14 oekai131 oekai11
最近の作品は『ケーキ屋コンチェルト』にて発信しています。